連れて帰る気持ちで、潜在意識、阿頼耶識で包み込みましょう - 潜在意識で願望を達成しよう

Welcome to my blog

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

バキュ

バキュ

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

今回は、「持ち帰る」をテーマに、潜在意識、阿頼耶識を活性化して、願望を達成しようというエントリーです。
今現在、願望が達成されているという気持ちの持ち方に、少し慣れない方の参考にしていただけたら幸いです。
それでは、本日もよろしくお願いいたします!m(_ _)m


うちにおいでの気持ちで、潜在意識、阿頼耶識も優しい気持ちに
みなさん「うちの子になる?」
潜在意識「うん!」
願いが叶う心境は、温かいものです。


早速なのですが、皆さんが、街を散策されていて、例えば雑貨屋さんであったり、何かしらのお店の中に入ってみると、「あ、この商品欲しいかも」と直感で感じられることはありませんか?
男性であれば、自動車のディーラーさんの前を通りかかられた際に、「あ、あの自動車に家族や友人と一緒に乗ってみたいな」と想われる、あの感覚でしょうか?(・∀・)

その時に共通して感じているのは、「我が家にお迎えする」といった感覚でしょうか?

上で書かせていただいた、雑貨であったり、自動車であったり、インテリアや風水に凝っている方であれば、家具でしたり、料理がお好きな方であれば、調理器具が目に入ると、「あ、我が家に置いてみたいな」と考えられることもありますよね。(・∀・)

この、「お迎えする」という気持ちが湧くと、目当ての昇進を手にするまで、その場から離れられなくなりますよね。
お迎えする気持ちがあると、潜在意識、阿頼耶識の中で、もう既に心の中で目当ての商品を手にしている状態になるので、心の中では「私の家にあるもの」という状態が作り上げられて、購入せずに帰宅してしまうと、「私の家のものを、捨ててしまう」ような感覚に陥ってしまうんですよね。(・∀・)

例えば、動物が好きな方であれば、ペットショップに行って、犬であったり、猫であったり、ハムスターかもしれませんが、目が合ったり、触れ合ってみると、「うちの子」といった感覚が芽生えてきませんか?(・∀・)
女性の方であれば、可愛い雑貨などを見られても、「うちの子になる?」と、自宅に連れて帰りたくなられることもありますよね?

この、「うちの子になる?」という、語りかける心の状態にあるとき、不思議なものである種の決心が湧いてくるんですよね。
「あの雑貨が欲しいけど、ちょっと値段が高いな」と、迷いがあったとしても、「うちにおいで」という気持ちになると、不思議なもので「値段のことは、まあいっか!」と開き直れたりするんですよね。(・∀・)

理屈で考えれば、「今月の生活費がこれくらいで」とか、「毎月の支払いがあれくらいで」と考えてしまうものですが、お迎えするという気持ちは、理屈ではなく「情」なんですよね。
情を土台に決心してしまえば、「なんとかなる!」と、理屈抜きで見切り発車できるんです。(・∀・)

自分は自動車が好きなので、よく自動車雑誌を読んでいるのですが、その中で高級車を何台も乗り継がれている、自動車評論家さんが興味深いことを書かれていました。
「スーパーカーでもファミリーカーでも、サラリーマンでも買うことは出来るんです。」
「僕は収入は多くはないけど、スーパーカーに乗ってますよ。必要なのは買う気持ちとローンの契約書だけです。」

その気があれば、高級車であったり、豪邸でも買えるんですよね。
上で書かせていただいた、自動車評論家さんは、「お迎えする」気持ちで、大好きな自動車と向き合われているので、高級車に情もあれば、「後のことはなんとかなる!」と、躊躇いを簡単に捨てることが出来るんですよね。
(だからと言って、皆さんに高級車や住宅の購入を勧めているわけではありません(・∀・;))

それだけ、情が湧くことは、目的を達成するための大きな力になり、潜在意識、阿頼耶識を活用する上でも、同じように願望達成を力強くサポートしてくれるんです。

この方法、もちろんですが、復縁や恋愛、そして収入の願いを達成するためにも応用できるんですよ。(・∀・)
では、復縁や恋愛の願いを達成するための、「お迎えする」気持ちについて、一緒に考えてみましょう!

簡単な方法なのですが、自分自身に向けて、願いが叶えられた世界を「売り込む」んです。(・∀・)
皆さんが願望達成された世界の「営業さん」になられる方法なのですが、何か商品を買って貰いたい場合に、デキる営業さんが実践されている方法の一つに、以前も書かせていただいたのですが、「お客様にお願いして商品に触れてもらう」というアプローチ法があります。
触ってみて、使用している風景を想像すると、お客様はその商品を「我が家(我が社)のもの」と感じられて、商品を買うのではなく、「連れて帰る心境」になられるんですよね。

その方法と同じで、例えば好きな人をイメージして、心の中でお相手に触れてみると、不思議なもので好きな人と気まずい関係だとしても、復縁や恋愛成就に向けての心的なハードルが下がっていくんですよね。

潜在意識、阿頼耶識を活用していても、気まずくて遠くから眺めているような心境ですと、大好きな人との関係が成就した世界をイメージしても、現実味が感じられずに、どこか他人事のような感覚になってしまうんですよね。(・∀・;)
でも、イメージの中で、大好きな人に触れてみて、相手の笑顔を想像したり、会話を楽しんでみると、潜在意識、阿頼耶識に達成された世界を受け渡すときに、徐々にではありますが、日常生活の中の風景として、委ねることが出来るようになるんですよね。

すると、不思議なもので
「ああ、私は彼(彼女)の横にいても良いんだ」という気持ちが芽生えてくるんです。(・∀・)
この気持ちを繰り返し感じていると、今まで感じられなかった新しい思いを、イメージの中で大好きな人に伝えたくなります。

「うちに帰ってくる?」
「ほら、もう帰っておいでー」

心の中で、大好きな人の横に、この魔法の言葉をかけると、お相手の方は、照れ笑いや、苦笑いしながら、「うん」と答えられませんか?
すると不思議なもので、過去のわだかまりや、今現在持っている不安も、スーッと中和されていくんですよね。

イメージの中で、大好きな人に触れてみて、会話を楽しめば、大好きな人の側で見える景色が日常生活の眺めになるんですよね。
そして、「うちに帰ってくる?」と問いかけることで、潜在意識、阿頼耶識の中で、何度も距離を近づけてしまえば、復縁成就を目指される方であれば、毎日が「仲直りと復縁」の世界になり、願いが叶えられた世界にも、自然体で溶け込んでいただけると考えております。(・∀・)
片思いの成就を目指される方であれば、毎日が大好きな人から告白される日になり、復縁を目指される方と同じように、恋愛が成就した世界を、自然体で受け入れていただけるのではないでしょうか。(・∀・)

お金が欲しい方であれば、先日書かせていただいた、「古典文学に見える、潜在意識、阿頼耶識の法則(雨月物語と弓と禅より)」(リンクです)をご覧頂ければ幸いです。

「うちに帰ってくる?」
「うちの子になる?」

この気持ちで願望と向き合うと、お迎えする気持ちでしたり、何か不安があっても、「まぁ、いいっか」という気持ちで、願いが叶えられた世界の住人として、瞑想や書く方法を実践して、潜在意識、阿頼耶識を活用することができますよね。(・∀・)

大好きな人や、願望の目標を意識すると、どうしてもハードルや、不安を感じてしまうことは、どなたでもあることだと拝察します。
そういった心境の中に身を置くと、「私は願いを叶えることが出来ない」と考えてしまいがちになりますが、そんなときは、「自分自身に触れてもらって売り込む」と「笑っている大好きな人を、お迎えする気持ち」で、願いが叶えられた世界との距離を縮められてみてくださいね!

不思議なもので、心の中で大好きな人との間に感じるハードルが下がると、現実世界でも同じような作用が起き始めますよ。(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識を活用して、復縁や恋愛成就を迎えることは、とても難しいと考えてしまいがちになりますが、心の中で大好きな人が苦笑いでも大丈夫ですので、笑ってくれたり喜んでくれると、ビックリするほど簡単に願いが叶んですよね。

というわけで、強制的に願いを叶えてしまう、潜在意識、阿頼耶識の法則の力を活用するコツでした。(・∀・)
頭では理論がわかっていても、「情」が無ければ机上の空論になってしまうので、潜在意識、阿頼耶識に大好きな人に思いっきり触れたイメージや、大好きな人の照れ笑いを浸透してみてくださいね。

大好きな人を、お部屋に連れて帰られてくださいね!

それではまた近日中に!(・∀・)ノ



スポンサード リンク






ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最終更新日2017-11-17
Posted by
潜在意識阿頼耶識復縁恋愛

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/06 (Mon) 21:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/06 (Mon) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply