復縁やご縁を繋ぐ心の手を取って、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成しよう! - 潜在意識で願望を達成しよう

Welcome to my blog

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

バキュ

バキュ

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力

、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)

今回は、皆さんに聞いて頂いた、「相手の中に仏様を見る考え」を、復縁や片思いに特化して活用してみようという話です。
少しでも皆さんのお役に立てるように頑張りますので、本日も宜しくお願い致します。m(_ _)m


大好きな人の仏様、潜在意識、阿頼耶識が差し出す手を取ろうよ!
大切な人の中にいられる仏様「僕の手を取ってご縁を繋ごうよ!」


早速なのですが、復縁を目指される皆さんが持たれる、「共通の悩み」と言えば、相手の方との心的なものであったり、物理的な距離感ではないでしょうか?

たった一人の大好きな人と、ただ一緒にいたいだけなのに、遠くに感じてしまう。
世界には沢山の人がいて、周りにも色んな人がいるのに、たった一人の人と会うことも出来ない。

失恋や片思いを生きていると、切なさや寂しさだけが溢れてきますよね。

自分の私見なのですが、寂しさや切なさ、不安や悩みがあるから、好きな人に「こうしてあげたい」「笑って欲しい」と、前よりももっと強く思えるのではないかと考えることが多いです。
側にいたら、色んな事が「当然」になってしまい気付け無いことも多いのですが
離れていると、相手に喜んでもらいたいという気持ちが、以前より強く湧き上がってくることもあると思うんです。(・∀・)

そして何よりも、復縁や片思いが、潜在意識、阿頼耶識の法則で達成された後も、お二人が乗り越えられる問題も度々出てくるんですよね。
片思いや復縁を成就されて、結婚生活を迎えられれば、それから全く価値観や、育った環境が違うお二人の、長い長い生活が始まります。
長い時間を共有する間に、大切な何かを見失ってしまうことも一度や二度ではなく、当然何度もあります。(・∀・;)

そういった時に、「復縁」や「片思い」を成就しようとした、過去(今)の経験が必ず生きてきます。

失恋や、片思いを追いかけることは、本来必要がない「寂しくて辛い」ことと受け取ってしまいそうになりますが、そうではなく、大好きな人と幸せな時間を生きるために、必要な経験をしていると受け止めて頂ければと願っております。

好きな人とを傷つけてしまった分だけ、傷付いてしまった分だけ、「幸せになりたい」と願うのが、人の自然な姿ですもんね。


では、早速ですが本日の本題である、「ご縁を繋ぐ」方法をおさらいしながら、復縁や片思いの成就の一歩を踏み出してみましょう!(・∀・)

先日の、「法華経と多宝如来に、潜在意識、阿頼耶識の世界を見る」というエントリーの中で、相手の中に、「仏様を見る方法」を紹介させて頂きました。(・∀・)

大好きな人の中にいらっしゃる仏様を感じることで、皆さんと大好きな人の縁が繋がり、今どんな状況や関係性に身を置かれていたとしても、お二人の縁は切れることはありませんと書かせて頂いたのですが、それでも過去の出来事を考えてしまうと、好きな人の中に住まわれる仏様を感じることも、難しく思えてしまいますよね。(・∀・;)

そこで質問なのですが、「仏様」について、皆さん、どのようなイメージをお持ちですか?
恐らくですが、多くの方が「慈愛に満ちた優しい存在」と、感じられてるのではないでしょうか?

皆さんのお考えの通り、仏様は人の過去の失敗や、短所と思われる部分も含めて認められた上で、「可愛い我が子」として包み込まれているんですよね。
それでも、「私はこんな悪い部分もあるから、仏様や神様も見放すに違いない」と悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。(・∀・;)

事実は少し違いまして、どんなに善人に見える人であっても、悟りを開いたと自称する立派な人がいたとしても、些細な悪事も見逃さないのが仏様であり神様であるので、どんな人の悪い部分も決して仏様や神様の目を欺くことは出来ないんです。

仏様や神様の前では、どんな人も例外なく「悪い部分を持つ存在」であり、そんな悪い部分を持ち悩む「我が子」だからこそ、誰よりも愛おしく救いたい存在として、私たちに手を差し伸べられているんですよね。
神仏の慈愛は本当にありがたいです。

なので仏様は、皆さんと大好きな人、お二人の過去も見ていらっしゃるし、全てを知られています。
そんなお二人だからこそ、結ばれて幸せになって欲しいとお考えになるのも、また仏様や神様の慈愛の心であるんです。(・∀・)

どういうことかと言いますと、常識的に考えると、好きな人を傷つけてしまった場合であれば、相手の中の仏様は、私(皆さん)を拒絶するだろうと、人間関係での学びや経験から感じてしまいますよね。
また、好きな人が私(皆さん)を傷つけてしまえば、皆さんの中の仏様が、好きな人を遠ざけてしまうと考えてしまうのではないでしょうか?

ここで「我が子を救いたい」と願われる仏様の慈愛を考えてみると、皆さんが、「大好きな人と結ばれることは当然である」ということに気付けます。
大好きな人の中の仏様や神様も、皆さんが傷つけた、傷ついてしまった過去のことを含めて、「それでも二人を笑顔にしたい」と願われていて
また皆さんの中の仏様も同じように、「二人を……」と願われていらっしゃるんですよね。

日々の生活を営む中で、心穏やかに過ごしたいと願われる場合であれば、「私という存在の全てを愛おしいと思われてる仏様に包まれる」と感じる、「包まれ瞑想法」が大きな効果を発揮してくれるのですが
復縁や恋愛成就を願われる場合ですと、好きな人の中にいらっしゃる仏様の慈愛が、皆さんにも向けられているという仏様の真意を感じて、その手を取ることが、信じられないほどに大きな効果を生み出してくれるんですよね。(・∀・)

大好きな人の中に住まわれる仏様の「あなた(皆さん)は可愛い我が子」という気持ちや、「あなたを救いたい」という思いを汲み取って、その手を取られてみてくださいね。
そうすることで、どんなに修復不可能と思えるような場合でも、物理的な距離や、様々な事情が重なって音信不通になってしまった関係であっても、強いご縁で再び結ばれるようになりますよ!(・∀・)
そして、そうして繋がったご縁は、何があっても切れることもなければ、誰も何も壊すことができない繋がりになりますので、瞑想法や書く方法を楽しむときに、お相手の仏様から差し伸べられた手を取って頂ければ幸いです。

そうすることで、お二人の中の仏様が全ての事情や問題を組まれた上で、奇跡のような達成を導き出してくれますよ!(・∀・)

というわけで、今日はここまでです!
相手の中の仏様や神様を感じることで、大切な人の気持ちに今まで以上に寄り添えるようになるのかもしれませんね。(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識、仏様は、成就率120%の最高の仲人さん!

本日のまとめのコーナーです!(・∀・)



復縁も含めて人間関係全般に言えることですが、相手の気持ちを否定する言動を繰り返せば、相手の中にいる仏様との繋がりが切れ、本来繋がるものも瞬時に壊れてしまいます。相手の中に仏様を見て認めて寄り添えば、壊れたものも瞬時に繋がり、何があっても壊れないのが、潜在意識、阿頼耶識と共通する法則ではないかと感じております。
大切な人と心で手をつなごう!(・∀・)




次回は、今回の話の続編です。
書き上がりました際は、宜しくお願い致します!(・∀・)

Comments 11

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/22 (Tue) 00:23 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/22 (Tue) 12:28 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/23 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/23 (Wed) 13:05 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/23 (Wed) 23:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/24 (Thu) 09:20 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/24 (Thu) 18:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/24 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/25 (Fri) 02:00 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/25 (Fri) 22:32 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/26 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply