問題という迷路からの脱出と潜在意識の右手という話 - 潜在意識で願望を達成しよう

Welcome to my blog

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

バキュ

バキュ

潜在意識、阿頼耶識、神仏の力、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)

というわけで、おはこんばんにちはー!

今日は、ふと思いついたことがあったので、私の備忘録という事で、ブログを更新させていただければと思っております。

潜在意識を活用しようと思って、いや、思ってない場合でもですが、願いが叶うまでの過程を見てみると、自分とゴールの間に、複雑な迷路があるように感じてしまいますよね。

その悩みの迷路は、問題が大きく感じられるほど、より複雑に大きくなるから、一度入り込んだら迷ってしまい、ゴールを目指すどころか、戻ろうと思っても戻れない。
皆さんからみた悩みもまた、こんな感じなんじゃないかなと思っております。(・∀・)

恋愛の悩みや願いであれば、自分にも事情があり、好きな相手にも事情があり、ゴールまでの道のりが、とても複雑で長いものに見えてしまいますよね。

就活の悩みであれば、自分の経歴、志望する企業や組織の担当者との相性的な問題、そういったものがランダムに、そして複雑に絡みあうものだから、これまた達成のゴールが、迷路の先にあるように思えてしまいます。(・∀・;;)

健康の問題、人間関係の問題、容姿の問題などなど、他の色んなも問題に付随する悩みや不安も、同じようにゴールまでの道のりを、遠く、複雑なものに感じさせてしまってますよね。

上で書いた、復縁や恋愛などの願いの話を、例にあげると。
潜在意識、阿頼耶識などの力を活用して関係を成就させたい瞑想者(つまり皆様)と、大好きなあの人の間に、一本の道が通っているとします。
そこに、復縁などの反対する自分の友人が現れて、一本道が少しだけ複雑化します。
次に、大好きな人に、今現在パートナーさんがいたり、恋のライバルがいたりする、これで、また少し道が複雑になります。
今度は、大好きな人と物理的な距離があるとします。これでまた、好きな人との間にある道が、またまた少し複雑になります。
最後に、好きな人と別れてしまった原因や、別れた時の愛憎劇という悩みの種が加わって、まーた少し道が複雑になります。

「少しずつ複雑化」した道が、こうやって積もりに積もり、とんでもない迷路を作ってしまうんですよね。(・∀・;;)


普通の人間関係での話だと、Aさんという存在が、快適な人間関係を、少し複雑な関係にしてしまいます。
Bさん……Cさん…Dさん……という具合で、問題に関わりあう人が増えれば増えるほど、不安や悩みの種が増えて
快適な人間関係に繋がる一本道が、どんどん複雑化して、迷路になってしまう。
こんな感じなんですよね。(・∀・;;)

そして、多くの人は地図も攻略法も持たずに、この迷路の中に入るか?入らない?という選択肢を選ばないといけなくなるんですよね。
つまり、顕在意識でどうするのかを考えながら迷路に入り、願望達成というゴールを目指すか?それとも、達成があるゴールは目指さず、迷路に入る事も辞める。つまり諦めるか?
こんな選択肢ですね。

諦めるのは本当に大変で、まず願ったことへの我執が取れるまでの時間を苦しんで過ごすことになります。
諦めないのもこれまた本当に大変で、迷路を地図もなく一人で歩くという偉業にチャレンジすることになります。

どっちも平坦な道ではなく、とても大きな労力と判断力を消費するので、本当に疲れるし、場合によっては心身ともに、大きく傷ついてしましますよね。(・∀・;)

そこで、潜在意識、阿頼耶識の力を活用して、迷路を進むというい、第3の選択肢が登場するわけなのですが
この、潜在意識、阿頼耶識の力というのが、迷路を難なく突破できるナビシステムになるのですが
イメージするなら、迷路を突破するときの、「右手法(※)」というのが、潜在意識に1番近い突破法になるかもです。
ナビだと、迷路が増えたらデータを更新したりしないと、対応できないのですが、右手法なら、入口と出口がある迷路なら、どんな迷路でも余裕で突破できます。(・∀・)

「(※)右側の壁に右手を付いて、ただひたすら壁沿いに迷路を進む方法」

Maze01-02.png

いかがです?(・∀・)
面倒で複雑に見える迷路も、迷路に右手を添えて、自分と迷路の境界線を無くすことで、ただの一本道に戻ってしまうんですよね。(・∀・)



右手が通用しない迷路もあるのですが
Maze02-01.png

心配される必要は全くないです。(・∀・)
本日のエントリーで書かせていただいたのですが、潜在意識、顕在意識を問わず、願いを叶えるという事は
迷路の外から「まず、この道に入ろう」と決心をする事から始まるので、迷路の真ん中に突然放り出されるということは、ありえないんですよね。(・∀・)

「迷路=問題や不安」なので
達成が、迷路の中に孤立して置いてあるという事も、まずありえないんですよね。

なので、願いを叶えるまでに立ち塞がる迷路というのは、右手があれば、必ず突破できる迷路なんです。(・∀・)

この絶対に、右手一本で攻略できる迷路しか出現しない事を
聖書では「神は、その人が乗り越える事(達成)のできない試練(願い)を与えない。」(コリント人への手紙)
という感じで、表現されているんですよね。(・∀・)

どういうわけか、不思議な物で、悩みの迷路というのは、必ず右手があれば突破できる迷路しか人生に出現しないんですよね。(・∀・)

復縁、恋愛、人間関係、病気、金銭的な欠乏、就職、色んな問題が、2つと同じ形がない迷路(不安や悩み)として出現しますが
潜在意識、阿頼耶識の力という、右手法ナビがあれば、必ず一本の道になり余裕で突破でき
その結果、「難しいく複雑な条件に縛られた願い」は必ず達成できますよ!(・∀・)

というわけで、このシリーズ(?)
後日別の表現?で、この事を話させていただきますね!

本日は「俺の右手が光って唸る!東方(ゴール)は赤く燃えている!」
という話でした。(・∀・)

潜在意識の駆け込み寺、他力本願寺ラジオブログは別エントリーになっております。
こちらも、併せてよろしくです!(・∀・)

スポンサード リンク






ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最終更新日2014-12-12
Posted by
潜在意識迷路右手法瞑想

Comments 7

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/12 (Fri) 05:02 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/12 (Fri) 10:01 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/12 (Fri) 12:26 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/12 (Fri) 21:50 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/12 (Fri) 23:09 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/13 (Sat) 01:07 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/16 (Tue) 18:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply