Welcome to my blog

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

バキュ

バキュ

大型連休はいかがお過ごしだったでしょうか?(・∀・)
今回は、潜在意識との上手な付き合い方をご一緒に考えさせて頂ければと思っております。

以前、潜在意識は願望の善悪の区別がつかない
それが嬉しい事でも望まに事でも、潜在意識は強制的に現実化してしまう。
という話しをさせて頂いたことがあります。
まず、上に書いたように、潜在意識もそうなのですが願望というものは「正しい」「悪い」という区別がありません、例えるなら潜在意識も願望も小さな子供のような純粋な存在でしょうか。
なので自分にとって大切なものは、小さな子供の手を離さないように、しっかり手を繋いで頂ければと思っております。
そして、子供に子守唄や楽しい童話を聞かせるように、優しく「願望を達成している今現在の姿」を潜在意識に聞かせて頂ければと思います。

例えば、小さな子供に限らず誰かに大きな声で「こうしろ!ああしろ!」と怒鳴りつけても
決して良い結果は望めませんよね。
これも以前話させて貰ったのですが、学校や自動車教習所、職場で、失敗した事を
教師や講師、教官、上司から激しく責め立てられても、萎縮してしまって結果として
頭で分かっていても、同じような失敗をしてしまう事がありますよね。

潜在意識も同じというか、潜在意識は自分自身であるので
自分(潜在意識)を責め立てるようなことはあまりお勧め出来ません。
自分を責めるような思考をすれば、責められるような結果が実現されるのを考えると・・(・∀・;)

なので、潜在意識に願望を沈めるときは、
子供と同じ視点て話すように優しく語りかけ、願望が達成されたことを一緒に驚き喜んで頂くのはもちろんなのですが
「達成できた、ありがとう」と潜在意識に感謝していただく、これも潜在意識が子供の純粋な存在だとすると、子供が感謝されることで、望んだ方向に対して大きな力を発揮してくれるか考えると、感謝することのどれだけ重要性なのか、ピンとひらめけたりしますよね。(・∀・)

ならどうすれば?という話しになるのですが、日常生活の良い出来事に対して、力まず、感謝して喜ぶことを意識していると、癖になって良い習慣として身につき
「今現在、既に達成されて幸せ」というイメージを潜在意識に沈めることが出来ますよ。(・∀・)


少し話しが変わりますが、悩んで苦しんでいるのに、いきなり「今現在達成されている事だけをイメージして下さい」
「この考え方に従って方法を実行して下さい」と言われても
いきなり右から左に、というのは無理な部分が大きいと思います。
なので少しずつで全然大丈夫なので、「今現在達成されている」という願望達成の考え方を
まずは気休め程度の感覚で、今の抱えている状況と重ねあわせて、見て頂ければと思います。
何と言いますか、潜在意識の法則や願望達成法は、まずは気休め程度の事として始めても良いんじゃないかと、自分は思っています。
気休め程度で始めた瞑想などで、何となく落ち着いて、叶えたい願望のイメージが、具体的なものになって
気がついたら、自分の心の力で叶っていた。
そうして、また次の願い、また次の願いと叶えていき、豊かで幸せな生活を手にしている。
そんな感じでも良いんじゃないかなと思うんですよね。(・∀・)


でも、時間は誰にでも平等で、5分、10分、1時間、1日、1週間・・・
同じ様に進んでいくんですよね。
思考が同じ様に強制的に現実化されるなら
その時間を有意義な思考で過ごした方が望んだ出来事を現実化できて、
ずっと得なので、悩んでいるとき、「どうせなら得な考え方をしよう」とか
損得勘定や気休めでこれまた全然OKなので、心のモヤを吹っ切る一つの切っ掛け的な位置づけの思考法として
頭の隅で結構ですので、覚えておいていただけたら幸いです。

損得勘定や気休めで始めたことが、繰り返されることで潜在意識にリアルなものとして沈み
皆さんの目に見えない所で状況が動き、皆さんが思わずビックリするような場面にも
潜在意識の力が作用していたことに驚いて貰えるはずです。(・∀・)



今回は、大切なものを遠慮して手放せば他の誰かが喜んで持っていくだけなので
大切なものは、「自分のものだ」と認識する事の大切さと
潜在意識に優しく語りかけてあげましょうといった事の大切さを考えてみましょうといった話しでした。




政治を風刺する話しとか書いてみようかと思ったのですが
何でも与党を批判すると反革命分子と認定されるらしいので怖いから止めときます。(・∀・;)



最後までご覧いただきありがとうございました。(・∀・)

便利なブックマークもご活用下さい。(・∀・)
My Yahoo!に追加



スポンサード リンク






ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/05/12 (Wed) 16:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply